キャッシング審査甘い即日融資

キャッシング

キャッシングの審査が甘いといっても、消費者金融には貸金業法というものがあり、借入できる金額が、年収の3分の1までに制限されています。

 

銀行カードローンには、貸金業法は適用されませんが、消費者金融より審査が厳しいと思います。

 

もしあなたが、数社から借入している場合は、おまとめローンで借りるとキャッシングできる可能性が高くなります。

 

まずは、以下のキャッシングサイトでご確認ください。

総量規制とは
総量規制とは貸金業法の改正によって私たちが借入できる金額が、年収の3分の1までに制限されるしくみです。これによって、年収300万円の人なら、100万円までの借入となります。ただし、不動産や自動車、事業のための借入は、これに含まれません。実はこれ以外にも総量規制の影響を受けない借入があります。
それは、銀行のカードローンを利用した場合は総量規制の対象になりません。なぜなら、貸金業法は、消費者金融やカード会社などを対象にした法律で、総量規制は「貸金業法の改正」によって導入されたしくみだからです。お金の貸し手が「銀行」であるカードローンは規制されず、同様に住宅ローンや教育ローンも対象外となります。

 

ここまで聞くと、「それなら、消費者金融からの借入が年収の3分の1を超えたら、銀行でお金を借りればいいや」と思う人がいるかもしれません。しかし、銀行のローンは通常、消費者金融より厳しい銀行独自の審査の基準があって、それをパスしなければお金は貸してはもらえません。そう簡単にあてにできるとは限らないのです。しかも、私たちが銀行のカードローンと思っているものには、上記の銀行のカードローンと、「銀行系」のカードローンの2種類があります。銀行系とは銀行の資本が入った貸金業者のローン。銀行の名前が付いていてもお金の貸し手は貸金業者になるので、総量規制の対象となることを知っておきましょう。

 

お金の貸し手がカード会社であるクレジットカードでのキャッシングは、総量規制の対象となりますが、ショッピング取引には適用されないので、消費者金融やカード会社から年収の3分の1以上借入があっても、クレジットカードでの買い物はできます。ちなみに、リボ払いなどは貸金業法ではなく割賦販売法の範疇なので、こちらも総量規制の対象外となります。